その他

2020年「5G」が起こす革命は?xR技術の躍進に期待。

5GテクノロジーとxR融合ミックスリアリティ

今日2019年9月18日はNTTドコモ社が5Gプレサービス発表会を行いました。

その情報を簡単にまとめてみました。

5gd_sam

5Gとは?

5Gというのは「第5世代移動通信システム」の略称で、スマホが初めて登場した頃は3Gという電波技術が使われており、現在ではLTEや4G、3Gが主流になっています。

そして5Gというのは新たに構築中のモバイルネットワークで2020年に実現されると言われています。

Gは単純にジェネレーションです。

5G通信が主流になるとどうなる?

5G通信が現実に広く普及し始める事で時代はとんでもない事になります。

5G通信の3つのポイントを確認してみましょう。

5Gの通信速度

まず5G単体の話をすると通信速度がとてつもなく速くなると言われています。

現在の4Gの通信速度は100Mbps~1Gbpsですが5Gの最大速度は100Gbpsです。

こんな速度が出ちゃったら動画の読み込みなんかも一瞬です。

現在の4G回線ですらひと昔前と比べれば十分に速いと思いますが、理論上最大値が100倍になると考えるととてつもない速さです。

理論上では今ダウンロードにかかる時間が1分のコンテンツがあるとすれば、5Gでは1秒で終わる事になります。

遅延の軽減

4G回線では10msほどの遅延があると言われていますが、5Gは1msまで軽減されるそうです。

遅延が少なくなる事で、動画配信などにおけるラグや音ズレなどが発生しづらくなりよりリアルタイムに近い映像を届けるor見る事が出来るようになります。

一般ユーザーがここに不便を感じているというケースはそんなに無いのかなと思いますが、産業関係になると遠隔技術やロボット技術などの分野ではとても大事な事です。

自動車の自動運転技術などにも深く関わります。

同時接続数の増大

3Gや4Gが登場して以来、IoT機器の開発も進み今や一般的にも広く普及しています。

5Gでは同時接続数が増えて今まで以上にIoT市場が盛り上がる事になるようです。

あ、IoTというのは簡単に言うとインターネットに繋がる機器の事で、今時の時代にあるメディア端末などは全てIoT機器と言えます。

家庭に身近な物でいうと、家の壁とかについてる数年前に取り付け交換された電気計器の「スマートメーター」なんかもIoT機器です。

5Gで見る動画はすごい

このへんは私そこまで興味ないので簡単に紹介します。

音楽シーンでのケース

ライブ映像とかがやばくなります。

観客席からの視点や、グループアーティストの場合個人個人に注目される視点などを自由に切り替えて楽しむ事が出来るようになります。

5人グループのアーティストのライブとか見る時に一番好きな人の事だけをずっと見る事ができたりするようになります。

スポーツ観戦でのケース

これは結構やばいです。

音楽ライブと同じようにカメラ切り替えはもちろんですが、レフェリー視点とか選手の視点とかが見る事ができます。

そして、爆速通信速度なのでカメラ視点の切り替えは1秒固まるとかそんな事もなく、一瞬でシームレスどころかアニメーション効果までいれてくるほどの余裕があるようでした。

しかも選手の頭上にはゲームみたいに背番号や名前を表示できて、タップする事でその選手が試合中どれだけの距離を移動したかとか、今時速何キロで走っているとか、プロフィールを画面下部に表示させて確認する事もできます。

その

docomoと日本プロゴルフ協会が連携して、ゴルフ業界を盛り上げるそうです。

レッスンとか何かよくわかりませんが、活用して動いていく方針みたいです。

あと、Wacomとも連動して車やバイクの設計をVR空間上で描画できるシステムなんかも構築してるみたいでした。

VR、AR、MRなどのxR技術の躍進

個人的に一番期待しているのがxRテクノロジーの革命です。

日本ではまだ一般的に広くは馴染んでいないVR。

経験済みの人はご存知でしょうが、実はすでにVR技術はとんでもないレベルになってきています。

docomoはMagic Leap(マジックリープ)社と資本・業務提携を結んだそうです。

マジックリープとはMRヘッドセットなどを開発する会社です。

MRって何?

VRやARは聞いた事もあって、知ってる人も多いと思いますがMRはまだ聞き馴染みが無い言葉かもしれません。

VRはVirtual Reality(仮想現実)

仮想世界に入るイメージ

ARはAugmented Reality(拡張現実)

現実世界に架空の物を登場させるイメージ

MRとはmixed Reality(複合現実)の事です。

仮想世界を現実世界に重ねるイメージ

で、このMR(ミックスリアリティ)が本当にヤバいのです。

ARとは逆のイメージで仮想世界を主体として、仮想世界に現実の情報を固定させ反映させる事で、MR空間内にいる複数の人も一緒にその情報を見たり感じたりする事が出来る技術です。

あとSRとかいうのも最近出てきましたが、あんまり気にしてません。

これらの事を総称してxRと呼びます。

MRは設計や建築などでも活躍する事間違いないですが、ゲームにも期待できます。

VRゲーム

VRゲームって皆さんやった事ありますか?

VRゴーグルで動画を見る事とは違った物で、VR専用のゲームは実際にプレイしてみなければその凄さはわかりません。

私は去年の中ごろにオーキュラスのマウントヘッドセットをで5万円だったかで購入したのですがVR空間の体験は初めてだったのでその技術には本当に驚きました。

スカイリムVRは酔いすぎて一瞬で諦めましたが、ロボリコールとかめっちゃ面白かったです。

あとProject LUX

Yotubeの動画ではVR世界の凄さと言うのは1ミリも味わえません。

上を見ても後ろを見ても仮想現実。

自分の手で物を触ったり掴んだり、トリガーを引いたりという感触があってこその没入感です。

こんなVR世界を遊ぶ為の端末もより高性能で安価な物が開発されています。

5G通信の普及はこういった事にもつながってくるので、個人的にも非常に重要です。

2020年代はxR時代の到来を期待しています。

私が持っているデバイスはオーキュラスリフトですが、PCもケーブルも不要な最新のオーキュラスクエストすごく欲しいなぁと考えます。

おわりに

MR空間で家族でスポーツ観戦とか、VR空間上でのオンラインゲームとかがいつか普及されて、きっと時代はどんどん進化していくのでしょう。

360度どこを見回してもVR世界というのは本当に楽しいので、一般的にそんな時代が来る事を待ち望みます。

MR空間を使っての商業施設などもきっと登場するでしょう。

ドコモは5Gの体験コーナーをドコモショップにて今月中に4店舗で開設。

5G対応端末や、xRを使った体験コーナーなんかも作る予定みたいです。

今後全国のドコモショップで随時拡大していくらしいので、私も早く見に行きたいです。